家を建てる

 

わからなければ調べる

 

いい家をつくるには設計から完成まで自分や家族がなるべく多くの事を

調べるのが早道です。(漠然としていますが、建て主が確かな計画を持つ

必要があります。)

 

良い土地を見つけ、そこに家族が快適に生活できる夢のマイホームを作

くり上げるには、それ相当の勉強をした方が良さそうです。

 

私達は建築の専門家ではありません。その素人がプロの施工・販売業者

に依頼するのですから簡単なショッピングと違って、本意を的確に伝えなく

てはならないと思います。

 

建築主は、業者に任せる部分と譲れない部分を区別して混乱しない

ようにしたいですね。

 

最善の結果を得るためには、間取り・建築方式・外観・外構などの基本的

な部分だけでも前もって決めておきたいものです。調べたり覚えることで

業者の言い分も理解できるし、希望もスムーズに通ると思います。

 

住宅は、多分一生に一度の高価な買い物です。建売分譲住宅を見学し、

一発でポンと買う場合もありそうですが、家族の生活の様々な要望を満足

させるために苦慮するのが普通です。

 

予算があり、一定の金額の中で快適に住めることを唯一の目的に理想の家

をつくるのです。お城のような、御殿のような、グレード最高級の家をつ

くるのではないと思います。

 

家の外形はできるだけシンプルが良いです。凹凸があると施工上不具合の

要因になりますし家の強度にも影響します。

 

発注の窓口は、できれば建築設計事務所が良いようです。重要な施工上

の監理を一手に任せられます。工務店やハウスメーカーの設計担当は内部

の人間が監理するようですが、建築設計事務所は第三者的な立場で監理

しますから客観的な指摘をしてくれます。

 

住宅の設計は家づくりの肝心な部分です。この良し悪しが理想の家になる

かならないかの境い目ではないでしょうか。

 

建築家の芸術作品でもなく、ハウスメーカーの販売商品でもない、住む人の

ことを考えた家づくりが「理想の家」達成の手段だと思います。

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ