御法度(ごはっと)

いろいろ考え方はありますが、、、

 

 


最近よく耳にする 「終の棲家・ついのすみか」という

表現は嫌ですね。(個人的な見解ですが、、、。)

 

ダラダラとケジメの無い生涯も納得できませんが、「そこで

おしまい」という先走った考え方に賛同できないのです。

 

人さまざまですから何と言おうと勝手ですが、マイホームを

求める時に、これを目的にして計画するのは止めてほしいと

思います。(馬鹿なことを言うもんですね。家とともに討死

ですか、やることは沢山あるでしょう?)

 

前提条件にしているから気に入らないのです。

 

結果としてそうなるのは仕方ありませんが、これから新居を

建てて快適な充実した生活をしようとする矢先に、崖の上に

立って眼下の白波を見詰めているような事は変です。

 

 

 

 

 

以前から、「生涯で家は三度建ててみないと満足なものは建て

られない。」と言われています。

 

一度で希望どうりの家を建られる人も居るかも知れませんが、

なかなか難しいものだと思います。

 

「これが最後の家」などと考えずに、二回目、三回目、、、

を建てる位の意気込みが好いです。

 

其処で止まればおしまいです。夢や希望に向かって進めない

人は、家を新築しないで現状維持が当てはまるようです。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ