狭小住宅

 

考えようによっては充実している

 

一般の建売住宅は、宅地を細かく区分(分筆)して分譲住宅として売り

出されていますが、建て主の希望を満たした上で、住宅一戸当りの価格

を如何に下げるかという点が苦慮されています。

 


価格的にも限られた敷地と住宅の中に、多くの条件を盛り込むのですから、

無理が生じる場合もあります。

 

 

 

そこで、望むものを全部達成したいというのではなく

 「何を生かし、何を止めるか。」という事を、

最初から家づくりの企画の中に取り入れておく考え方があります。

 


優先順位を決めて有効部分を厳選して、小さくても有意義な生活を基準

にした家づくりです。

 

一般的に約15坪以下の土地に建てられる住宅を、狭小住宅と呼んでい

るようですが、小さくして安くという考え方ではないようです。

 


小さいなりに内容が充実していますから場合によっては、坪単価は高く

なるようですが、建築家と造る確実な注文住宅なので割安と言えるかも

知れません。

 

随所に建築家のアイデアが生きる狭小住宅もいいですね。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ