新築一戸建て

 

新築の一戸建てと言いますが

 

 

 

新築一戸建てとは、主に建売住宅、建築条件付き土地に新築する住宅を

指して言われているようです。

 

少しややこしいし、どうでもいいことですが、建築設計事務所に依頼して

白紙の状態から家を建てたときは、あらたまって一戸建てにしたとは

言わないみたいです。

 

「一戸建てを新築しました。」とは言いますが、ほとんど完成したものを

購入した場合は「一戸建てを買いました。」もしくは「一戸建てにしました。」

なると思うのです。

 

不動産屋の仲介による建売住宅を購入したり、建築条件付き土地に住宅

を建築した際は、「新築一戸建て」を手に入れたことになります。

 

 

建築条件付き土地に新築する住宅は、土地とセットになっていますから、

土地の良さと住宅の良さの両方を検討する必要があります。

 

また、立地条件、広さ、価格、生活の便利性・快適性、安全性等を

他の建築窓口で家を建てるより以上に、確認することが購入条件に

なるようです。

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ