家を建てる ローン

各地域にローンセンター有り

 

 次の場合、住宅ローンの組み方は違います。

 

【1】 土地を購入して家を建てる

 

【2】 建売を購入する

    前もって所有する土地が有り、そこに家を建てる場合は建物の

    ローンだけを組めばいいですが、【1】の場合は土地と建物と

    二つのローンを別々に組む必要があります。

 


【2】は、建物の引き渡しを受けるときに、土地代金と建物

    代金を合わせた売買代金を支払いますので、土地と建物の

    総額でローンを組むことになります。

 

 

 

 

住宅金融支援機構のフラット35は35年固定金利を取り扱っています。

ところが昨今は、一般の金融機関では利益が少ないのでこの取扱いを

勧めていないようです。(この辺のところは、状況で変わるようですから、

最近の情報を確認。最近かなり下がっているようです。)

 


都市銀行・地方銀行とも 3・5・10年以上の変動金利を取扱って

いますが、条件が異なりますので、詳しくは地元ローンセンターに相談

した方が良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ