家を建てる 税金

 

税金について

 

 

 

建築年度によって制度が変わりますから、その都度確認を要します。

 

建てる時の税金は、次の税金が該当します。

 

■印紙税(契約書)

               基本税額

 500万円~1.000万円以下・・・1万円

1.000万円~5.000万円以下・・・2万円(新築住宅の特例で1万円に軽減)

5.000万円~ 1 億円以下・・・・6万円(新築住宅の特例で3万円に軽減)

 

 軽減処置特例の条件は平成30年3月31日までに作成される契約書 

 


■登録免許税(不動産の登記)

                   基本税額

   所有権保存・・・・・・・・・・・・・・・・・評価額×0.4%

   所有権移転(売買時)・・・・建物—評価額× 2%

                   土地—評価額×1.5%

   抵当権設定・・・・・・・・・・・・・・・債権金額×0.4%

 

これも軽減処置特例はありますが、細かく指定されています。

 

■不動産取得税(不動産の取得)

                   基本税額

   家屋・土地・・・・・・・・・・評価額×3%

 これも軽減処置特例はあります。

 

【家を建てた後も固定資産税と都市計画税は掛かります。】

 

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ