家を建てる 暖炉付き

ほのぼのとした暖かさ

 

 

室内に、暖炉や薪ストーブを置きたいと計画されている方も居る事と

思います。「赤い炎や木材の燃える匂い」の雰囲気は好いですね。

 

 

 

 

 

ところが、夢や憧れに横槍を入れるようですが計画は充分検討し

てからのほうが良いと思います。

 

※部屋の中に高熱の物を設置するのでコンクリートとかレンガの耐火

 設備にしなければならない。

 

※薪ストーブなら木材、ペレットストーブならペレットチップが必要。

 結構ランニングコストが掛かる。

 

※煙突の管理(年一回は掃除—–煤やタールを火災防止のため除去)

 その他の定期的なメンテナンスを必要とする。

 

※煙・臭いが出るから住宅の少ない郊外向き。

 

 

 

 

 

 

何年も使っているうちに、昔の土間の “かまど” を室内に設置する

ような感じなると思いますので清潔好きの人は要注意です。

 

結局は手入れが面倒になって、飾りだけになって使っていないという

家が多いみたいです。

 


上記を検討してクリアーできれば、ほかの暖房器具に比べて、暖炉は

特別味わいのあるものだと思います。

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ