家を建てる 大屋根

 

 

 

広々ユッタリした空間

 

 

広い敷地の中の大屋根建築は、外観から堂々とした大きな

家という感じがします。

 

普通は二階建てで吹き抜けにしますから、天井の無い内部は

高さが有り、三階建てのような大空間になります。

 

周りに家が少ない場所には似合いますが、住宅の多い地域では

大局的に、周辺とのアンバランスもありそうです。

 

それと、吹き抜けにするために内部中央部分の柱の数に制約が

生じますから、上下荷重を壁などの別の形で分散することになり

ます。

 


メインの梁(はり)は、垂直方向の荷重と水平方向の荷重を

支えていますが、壁と柱は垂直荷重を支える役目もあります。

 

小型の家ならば、垂直荷重の大半を壁と柱で凌いでいるのに

対して、大屋根吹き抜けの強度は、内部の水平方向構造物に

よっても補強されている設計です。

 

デザインの好みや生活嗜好で取捨選択になります。

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ