家を建てる 木造

 

 

 

 

木の温もり(自然の安らぎ)

 

 

大きく分けて在来工法と2×4工法(ツーバイフォー)があります。

細かく分けると、外国のハウスメーカー・新建材、集成材多用・

ログハウス・古民家風などいろいろあります。

 

また、軽量鉄骨を柱にして木材と組み合わせた住宅も有って木造

といっても種類は多く複雑です。

 

一般的に木造というと、「木造軸組み工法」の在来工法が多いです。

 

 

 

【在来工法】

一般に窓や内装の仕様が多用されていますから、設計上の制約が

少なく柔軟に対応できます。

 

昔からの建築技術を基本にした、太い梁(はり)と筋交い(すじかい)

と桁(けた)その他によって補強されて地震にも意外に強いです。

 

ただ、業者の熟練度によって技術的な差がありますから可能な限り

優秀な大工さんを見つけるのが良いと思います。

 

接着剤を用いた集成材を急所部分に使った家は、長年の間に強度が

変化しますので注意が必要です。

 

集成材よりも無垢の天然木材の方が耐久性は有ると言われています。

 

 

 

【2×4工法】

柱の数ではなく、天井・床・壁の六面体で垂直荷重・水平荷重を支える

構造ですから耐震性があります。また、気密性、遮音性、断熱性にも

優れています。

 

面構造なので部分的な加工(大きく開口部分を造る)は苦手です。

開口部によって面の強度が落ちるからです。

 

従って、あとあと部分的にリフォームする場合に、強度を一括で支え

ていますから融通が利きません。 途中での設計変更はしないで済むよう

に計画する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ