二世帯住宅 失敗

 

一棟タイプ限定が一般的

(共用部分に工夫を)

 

 

二世帯住宅の失敗例を見ると、ほとんどが親との同居問題です。

 

嫁と姑(舅)の生活感の違い、育ってきた年代の差から生じる

考え方の隔たりです。

 

昔は、二世帯住宅などと言いませんでした。一つの家に相続した

子供世帯が親と同居するだけの当たり前の話で、改めて、二世帯

住宅と呼ぶほうが不自然に思えます。

 

二世帯住宅を大きく分けると、一棟タイプと別棟タイプになるよう

ですが、よく言われる、「親世帯と子世帯はコーヒーの冷めない

距離に生活するのが理想」がまさしく別棟タイプ。

 

一棟タイプは旧態以前で名前だけ二世帯住宅に替わった感じです。

 

別棟タイプは、親の広い土地でも有れば入手可能ですが土地代を

含めた建築費用の問題があります。ですから、敢えて二世帯住宅を

検討するとしたら一棟タイプに絞られると思います。

 

 

 

 

 

あらたに二世帯住宅(一棟タイプ)を計画する場合は、建築段階で

寝室・お風呂・キッチン・玄関を共用にしないで、各二つづつ

設けるのが基本になります。

 

親子別世帯(二世帯)がそれぞれ好きな時間帯に生活できれば、

いろいろな問題を回避して同居もスムーズに行くのではないで

しょうか。

 

二世帯の共用部分に失敗の要因があるのではないかと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ