注文住宅 外張り断熱

 

換気は二番手?

 

 

従来、住宅は断熱材を部分的に挿入して(柱と柱の間の面)外気を

遮断する方法が一般的でした。

 

それに対して、家の外側(柱の外側)を断熱材でスッポリ囲う施工

方法を外張り断熱工法(外断熱工法)と呼ぶようです。

 

外張り断熱工法は、今までより以上に、断熱・気密の効率を上げる

工法になります。

 

 

 

 

 

外張り断熱工法の特徴

 

 ※断熱効果が高くなり、各部屋毎の温度差、室内の上下温度差、

  昼夜の温度差などが少なくなる。

 

 ※建物構造体の部分的結露が少なくなり住宅の耐久性が増す。

 

 ※床下、屋根裏などの空間を利用できるようになる。

 

 ※気密性が高いので遮音効果はあるが、表裏一体で建物全体の

  換気性(外気と内気が息をしている)は低くなる。

 

目的が、外気温遮断や室内温度を逃がさない暖・冷房効率アップ

だけならば利用価値は大いにあると思います。

 


極寒地などの地域によって施工計画は違ってきますね。暖房の省

エネの為には必須な工事かも知れません。

 

 

 

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ