二世帯住宅 間取り

 

必須の共用部分

 

 

別棟タイプの場合はほとんど問題ありませんが、一棟タイプの

二世帯住宅の間取りは、お互いのプライバシーの意味から、充分

な検討を要します。

 

共用部分に問題が生じます。年代的に生活時間が異なりますので

寝室はもとより、お風呂、キッチンは別々のほうが良いようです。

 

共用にすることで水道光熱費を節約できそうですが、時間的ズレが

あるために二度手間になります。

 

お風呂は入りたい時に入れず、台所は使いたい時に使えないという

自由が制約される場合があります。(これは親世帯も子世帯も同じ)

 

限られた面積に二世帯分の設備をつくるのは大変です。広い土地が

有り別棟にすれば回避できますが、なかなかそうは行きません。

 

 

 

 

 

 

どの部分で我慢できるかによって間取りを計画しなければならない

事もありますので割合むずかしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ