注文住宅 家相・風水等

 

オマケの感覚

 

 

結論から先に書きますが、

 

「家相・風水等を気にしていたら家を造る事はできません。」

 

 

この位置は良くないとかなんとか、家相・風水で厳密に制限され

ると、万事を四方八方完璧に合致させて設計することは不可能です。

 

台所は、西日が当たる(気温の上がる位置に台所を造ると物が腐る)

から避けた方が良いとか、トイレを鬼門(北東)に造るのは不浄

だから悪いとか。

 

設備のない縄文時代か弥生時代の感覚そのままというものなので、

程度問題、あまり気にしない方が良いです。

 

 

 

 

数多く手掛けている建築士は、常識的な感覚で設計していますから

家相・風水等も自然に盛り込まれた設計になっている筈です。

 

ある有名な出版社が監修した家相・風水の家づくりの本を購入した

ことがあります。その本の内容の中に疑問点が有ったので、著者に

直接問合せの電話をしました。

 

ところが、何だか訳の解らない「どうでもいい」ような返事だったので、

がっかりすると同時に、本の内容も「どうでもいい」もののように受け

取りました。

 

従って、家相・風水は結果次第で「上手く行ったらお慰み」程度の

もの、慎重に構える事は無用のようです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ