注文住宅 照明

 

保守の楽なものが良い

 

 

 

 

部屋の照明には各種デザインや方式があります。

 

玄関、居間、キッチン、バスルーム、トイレ、寝室、作業場、納戸、

洗面所、廊下、その他に、それぞれに相応しいものがあります。

 

最近ではLED照明などが普及しましたので、応用範囲も広くなったと

思います。好みもありますが、青白い光よりも暖色系のあたたかい光が

いいです。冷たい金属的な感じでなく、木質の内装に似合います。

 

どんな感じの照明にするか、間接照明か直接照明か迷うところですが、

照明器具を取り付ける場所によって、大体決まると思います。

 

寝室はムードを出して間接照明ですか?

キッチンは食べ物の色が変わらない暖色系の直接照明

バスルームは防水構造の照明器具ですね。

玄関、廊下、納戸、トイレ、洗面所はダウンライトかブラケット

 

ここで一つ余計な事ですが注意事項と提案があります。

 

(単なる参考意見です)

 

※間接照明は壁や天井に光を間接的に反射させるもので、直接的に光源

 が目に入らなくて雰囲気が有って良いのですが、長い間にはホコリが

 付着するので掃除が大変です。

 

※住宅建築の際に、各所に使われる照明器具の予備の電球(LEDとか

 蛍光灯)を用意しておくと、交換時に便利です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ