外構工事 ガーデニング

 

楽しいですね

 

 

庭造りにもいろいろあります。低木から高木までバランスよく配置する

という大きな敷地の大掛かりな植栽から、庭の片隅に専用の場所をしつ

らえて趣味的にやる園芸まであります。

 

 

 

 

 

 

大掛かりな植栽は専門家に任せた方が良さそうです。和風なら岩(銘石)

の配置とか、根回しをした大きな樹などもありますので外構の植栽造園

業者に頼むことになります。

 

洋風の場合も、レンガを積んだりアプローチの整備に造園業者を利用す

る事になると思います。

 

ここでお勧めするのはあとの趣味的にやるガーデニングの方です。小規模

な植栽(ガーデニング・園芸)を自分でするのもいいものです。

 

自分の庭に草花や低木を植え栽培したり柵や石畳などで装飾する。など、

庭造りを楽しむことをプランに加えてみては如何でしょうか。

 

その場合は、外構工事の設計デザインの中に予め「自分で植栽する場所」

を確保して置く必要があります。

 

庭の癒しの場所としての植栽ですから、遠慮しないで陽当りの良い庭の

一等地を占領すべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ