外構工事 池

 

空堀が良いです

 

 

「庭に造成する池の水は漏るもの」と思った方が良さそうです。

 

以前、造園の仕事で、いろいろな家庭の池を見ましたが、その半分以上

は水が無く使っていない池になっていました。

 

よく、風水とか方位などで池を造る場所とか、場合によっては池は良く

ないなどと言われますが、湿気が家屋に及ぼす影響と水周り工事配管の

不具合を言っているのではないでしょうか。

 

常時水を流さないためにポンプを使ったり、池に枯葉が落ちて蓄積する

ことを考えると面倒な点もあります。

 

ここで提案です。

 

 

 

 

庭に落差を付けるために(凹凸のデザイン上の変化)池ではなく「空堀

(からぼり)」が良いと思います。

 

堀の両サイドに植栽や杭を設置、岩を配するのも一考です。

 

鯉や金魚やメダカやタナゴを、どうしても飼いたいならば、「水がめ」を

空堀の適当な箇所に配置する手もあります。

 

繰り返しますが、池は水が漏れるし落ち葉の掃除も必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ