住宅設計 建築設計とは

 

得意な分野がある

 

 

大小各種建築物(学校・ビル・病院・工場・大型スーパー等)の設計を

担当し、今回該当するのは、一般住宅の設計です。

 

 

 

 

 

 

業務内容は次の3部門に分かれています。

 

 【意匠設計】

 

   建造物の外観・内部空間・間取りなど外部から見える部分を設計する。

 

 【構造設計】

 

   建造物の耐震・耐圧・耐水・耐重などの外部から直接見えない、骨組み

   となる部分の住宅の安全性(強度計算)を設計する。

 

 【設備設計】

 

   電気・空調・ガス・給排水機器の設置における、電源供給、配管配線、

   給湯などのランニング設備の設計。

 

 

    各部門に専門の担当者(建築士)が居り、その集合が建築設計事務所である。 

 

 

 

家族が快適に住む家は建築設計の内容に左右されます。折角のマイホームで

永続的に生活するためには、くどいようですが設計の如何が一番重要です。

 


見せかけのデザインはまだしも、構造部門の不手際は致命的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ