住宅設計 外観

 

見せかけはどうにでもなる

 

 

単なる見た目ですが住宅の外観は重要です。洒落た感じとか、

落ち着いた好い感じとか、いろいろありますね。

 

ただここで言う住宅の外観は、本質的なデザインの事です。

 

「機能の充実は外部に露呈する」と言います。

 

外観が好みに合えば、住宅の機能は二の次で良いのでしょうか。

 


建築士(建築家)を選定するとき、

 


「こんなデザインの家を造れたら良さそうだと、、、。」

 

           先ず作品の外観に注目します。

 

これが大きな失敗の原因になります。

 

 

 

 

 

 

肝心なのは機能です。家族が快適に生活するために住宅があり、

どんな間取りで、どんな生活が出来るかを家づくりの中心に置く

必要があります。

 

がっしりした骨組みで機能の充実した住宅は、おのずと外観に

にじみ出ていますが素人目には判りません。

 

ですから、内部機能を考慮して設計する専門家(建築士)に

住宅設計を頼むことになるのです。

 

家づくりのターゲットは生活機能の充実がメインです。デザイン

外観は目立ちますがサブ的な存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ