住宅設計 間取り

 

間取りを勉強

 

 

 

 

 

 

以前住んでいた家は、大体の間取りを自分で考えて知り合いの

大工さん(工務店)に造ってもらいました。

 

今回建てた家の間取りも自分で考えました。

 

「家は3回建てなければ満足するものは得られない。」

とよく言われますが運よく一生の間に2回も、そういうチャンス

に恵まれました。 

 

高価な買い物です。右から左に簡単に決められる品物ではありません。

日常生活のグラウンドとしての「間取り」は、試行錯誤の連続です。

 

 

 

 

 

その他細かい部分も含めて、ああでもない、こうでもないと、何か月

も掛かって作りました。

 

その家の設計略図を建築設計事務所に予算と共に見て貰いました。

 

今でも不思議ですが、それを見た建築士が、

 

「こうしてこんな外観で、ここは、こんな形ですね。」と

こちらの意図をズバリ絵に描いて説明するではありませんか、、、。

 

一発で決まりました。さすが専門家、感心しました。

 

一度で決まるとは思わなかったと、あとで建築士も笑いながら言っていました。

 

いろいろな、家の本を読み漁り、それなりに勉強して作り上げた新築の

家の設計原案(ほんの略図)は無駄ではなかったのです。

 

建築士の言っている意味が理解できて、考え方が一致したという事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ