建て替え 解体工事

 

建築基準法を確認

 

 

建て替える場合は古い建物を壊すことになりますから解体工事が

必要になります。

 

 


工事期間を確認し、その期間は仮住まいになりますから仮住まい

の家を準備して探す必要もあります。

 

 

振動、騒音、ほこりなどが発生しますので、あらかじめ工事をする

前に、ご近所さんに「工事の期間の迷惑」を伝えます。

 

 

住宅を取り壊した場合は、「建物滅失登記」が必要です。課税台帳

から外されますから固定資産税はかからなくなります。

 

 

古い家を建てたころと建築基準法が変わっていると思われますので、

付近の状況の変化(新しく家が建ったとか、建ぺい率、容積率が

改訂されたとか、道路ができたとか)を調べる必要もあります。

 

 

元の古い家と同じように建てられない場合があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ