リフォーム総額比率

 

リフォーム総額比率(築年数によっては新築を)

 

 

 

 

 

 

 

今住んでいる家が古くなり、ところどころ傷んできたときに、新しく建て替え

た方が良いか、手直しリフォームが良いか、迷うことがあります。

 

 

厳密にはこの比較は、リフォームではなくリノベーションなのですが、やや

こしいので通称のリフォームと呼称します。

 

 

基礎部分の交換など大掛かりなリフォームが必要なら新規に建て替えが

良い場合もあります。

 

 

その目安は、建て替え費用の70%以上のリフォーム代が掛かるなら、

建て替えを検討した方が良さそうです。

 

 

建て替えは古い家の解体費用や建築中の仮住まい家賃、引越、登記

などの諸費用が掛かります。

 

 

リフォームは更地に初めから建築するのではなく、現在の状況を確かめ

ながら工事を進めるため時間も掛かり割高ですが、諸費用は少なくて済

みます。

 

 

どちらにしても完成後は、また古くなりますのでリフォームする個所の

経年変化まで考える必要もありますので、

 

 

    新しく建て替えのときの経費総額     100%

 

    リフォーム総額           50~70%

 

 

の選定範囲になるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ