1000万円の家

 

価値判断による—其の2

 

 

500万円、1000万円、1500万円で家を建てると言っても、

それぞれ施工業者を統一して比較しないと確かな判断は

出来ないと思います。

 

例えば、同じ総額1000万円でも、施工業者によって扱う

建築材料が異なります。

 

部材の耐久性や施工技術は重要です。ある業者は予算の

1000万円で妥当な家をつくってくれても、ある業者は7~

800万円の家、ある業者は1300万円位に値する家をつくる

かも知れません。

 

1000万円ということは、延べ床面積40坪ならば

 

   1000÷40=25

 

   坪単価25万円になります。

 

内部を吹き抜けにして、延べ床面積を25坪と仮定した場合

 

   1000÷25=40

 

   坪単価40万円になります。

 

二階建てを平屋にしてコンパクトな家にすれば当然、延べ

床面積が小さくなりますから、グレードアップの充実した

家をつくることもできます。

 

建築費を考えると基本的に、建てる家の大きさと住み易さは

どこで妥協するかに関連しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ