家を買う

 

 

安定収入

 

 

安定した年収が300万円以上あれば家を買う計画を建てられそうです。

 

ローンを組む場合に、限度額もあるので頭金をドンドンためたほうが

有利になります。

 

購入する年齢は千差万別です。大体全国平均で40歳ぐらいですが、

それは40歳で20年ローンを組めば60歳定年で完済となる勘定に

なっているようです。

 

また、60歳定年(今では65歳定年もある)を迎えてから退職金で

購入する人もいます。問題は考え方選択肢です。

 

子供の成長を計画に含めて、子供が幼稚園、小学校、中学校、成人の

各節目で、家を買う事も考えられます。

 

都市部の交通機関の発達した環境と、郊外の車利用の環境で家を買う

のとでは違ってきます。車両関係費を考慮する必要があります。

 

どのタイミングで家を購入するかは、その時の生活収入で決まるよう

です。例えば次の条件によって異なります。

 

 

※安定した大手企業や公的機関などに就業している。

 

※中小零細企業に就業している。

 

※安定した自営業を営んでいる。

 

※業務が臨時的である。

 

※共働きで相当な安定収入がある。

 

※親からの援助が有る。

 

 

これ等は、購入年齢及び住宅ローンに関係してきます。

なお、詳しくは、計画前に条件を提示して、地元のファイナンシャル

プランナーに相談されると良いアドバイスが得られると思います。

 

若い時に頑張って快適な生活を先取りするか、年齢を重ねてから悠々

自適を目指すか、前もって家族で話し合うのが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ