安い家

 

安い家づくりの前提条件

 

必要なものは何か、除外できるものはどれか、家づくり

の構想を明白にすることです。

 

外構は趣味を兼ねて業者に頼まずに自分でやれる場合も

あります。

 


簡素化した間取り、外観は凹凸を付けない長方立法形、

建材は安価な規格品を使う、工法は融通の利く木造在来

工法にする、などの工夫するといいです。

 

 

 

 

建築設計事務所を窓口にする

 

 

「設計事務所に頼むと設計手数料とか監理費用をとられる

から損をする」と考えるかも知れませんが、一概にそう

とも言えません。

 

工務店やハウスメーカーを窓口にした場合でも、設計料や

管理費用は見積もりに含まれているか、他の部分に経費と

して計算されている筈です。

 

また、監理は設計事務所の方が第三者的な感覚でやってく

れます。工務店やハウスメーカーでは内部の都合で監理さ

れる場合も有ります。

 

良心的な設計事務所を見つけて、家を建てる予算を言って

相談するのも一つの手段です。

 

しかも、設計は建築の重要な基本的なものですから、この

業務での費用削減は、手抜きとかの致命的なコストダウン

にならないから安心です。

 

 

優遇税制を活用する

 

 

各種の税制優遇措置が受けられます。住宅ローン減税で、

所得税や住民税から控除されます。長期優良住宅では

大きな減税措置と補助金が得られます。この優遇措置を

受けるには延べ床面積が50㎡以上などの条件があります。

 

一般に住宅控除と言われていますが、住宅ローン残高の

一定割合を所得税額から控除する制度があります。

 

一例ですが、平成26年4月~29年12月まで、年間

控除額40万円、最大控除額400万円

(消費税8%または10%の場合の金額)

 

住宅ローン控除額=住宅ローン年末残高×控除率(1%)

 

年末の住宅ローン残高の1%の額を、納めるべき所得税から

直接控除されます。(税額控除)

 

 

坪単価は目安

 

 

坪単価が安ければ安価な住宅と一概に言えません。最低限

必要な付帯設備に掛かる費用は、延べ床面積の大小に関わ

らず必要なものです。

 


例えば、キッチン、トイレ、バスルーム、玄関などは必需

設備です。 その部分の全体の延べ床面積に占める割合は

ある意味一定ですから、延べ床面積が小さければ小さい程

費用の占める割合は大きくなります。

 

逆に、延べ床面積が大きい程費用の掛かる割合は小さくな

ります。従って、坪単価は同一延べ床面積で比較判断する

ものです。

 

また、延べ床面積が大きいのに坪単価が意外に高いときが

あります。それは、余分な設備(あまり必要としていない)

が盛り込まれている可能性があります。

 

シンプルに無駄を省かないと、安価な家はつくれないと思います。

 

そのほか、坪単価に外工事費が含まれていることがあります

から確認を要します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ