いい家とは

 

 

簡素がいい

 

 

「いい家は外観に現れます。」こう言うと、ちょっと首を傾げる方も

いるかも知れませんが、実際にいろいろな住宅を見た直感です。

 

部分的に偏らない家、バランスの取れた家、それぞれ内部構造が表に

出ているようです。

 

内部の不自然な設計は、どうしても外観に出てしまいます。例えば、

屋根瓦一つにしても、段差が多かったり切り欠いてあったりした場合、

内部構造に何等かの無理が有ると思います。
外観を見て、シンプルな家と凸凹の多い家をくらべるとよく判ります。

シンプル(単純正方形・長方形)な家は、直線の組み合わせで無駄が

なく強度も有り、側面が凸凹の家は、無理な位置に階段を設けたり、

部屋数の関係からか内部に付け足し部分が有るようです。

 

いい家とは、住宅本体だけでなく環境も重要なポイントだと思います。

構造的にどんなに優れた家でも、その家の置かれた位置の周りの環境が

良くなければ、いい家を建てた事にはならないのではないでしょうか。
丈夫で長持ちして尚且つ住み良くて環境にマッチした家、という総合

で決まると考えます。

 

従って、土地選び(環境)、シンプルな構造、の二つがいい家を決める

課題になると思いますが、それにはやはりある程度の期間を要します。
土地選びは変更が効きませんから、多くの場所を調べます。家の間取り

等は、何年後かの後々の状態を予測して、なるべく無駄のない簡素な

ものが良いです。

 

家は、素人よりも専門家(設計事務所)に設計を依頼するのが早道です。

設計を重点的に考えるべきだと思います。

 

別ページ理想の家とダブル個所もありますが、まとめると、

 

   ※良い土地を選ぶ。

 

   ※家の設計は、シンプルな構造で良い建築設計事務所を

    見つけて依頼する。

 

   ※数10年後の生活を予測して家づくりを考える。

 

 

以上となりますが、細かい点で二つのことを提案します。

 

   ■日当たりの良い場所が最重要

 

   ■暑い家・寒い家について、

     軒(のき)を長く(3尺位)出す。

     窓ガラスをペアガラスにする。(あとからでも可能)

 

   ■土間を設ける。

 

   ■トイレ・キッチンを出来るだけ大きくする。

 

 

快適な生活ができる家が、一言で言う「いい家」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ