家を購入する時の年齢

 

40代が全国平均

 

 

若い時に無理をしてでも家を建ててしまったほうが良いのか、それとも

ある程度資金を蓄えてから建てるのが良いのか。

 

転勤などの仕事の関係もあるので、定住できるかと言う事も考えなけれ

ばならないし、自己資金の額と返済しなければならない住宅ローンを組

む時期を、どうするかという事でも違ってきます。

 

住宅ローンを組める完済年齢は、おおよそ80歳となっています。そして

返済期間は最長35年ですから逆算すると45歳までが最長住宅ローンの

限度になっています。

 

また、職業によっても状況は変わります。定年の有る無し、自営業・勤め

人・アルバイトなどで比較される安定継続収入が住宅ローンの査定条件で

どれだけ長期のローンが組めるかも問題です。

 

ということは、家を建てる年齢は何歳が良いかというより支払能力が一番

の条件になると思われます。

 

 

従って、自己資金の不足分を住宅ローンで補うとして

 

 

    住宅ローンが35年完済なら 80-35=45  45歳

 

    住宅ローンが30年完済なら 80-30=50  50歳

 

    住宅ローンが25年完済なら 80-25=55  55歳

 

    住宅ローンが20年完済なら 80-20=60  60歳

 

    住宅ローンが15年完済なら 80-15=65  65歳

 

 

が一つの目安となります。

 

 

 

 

 

 

自己資金が有って、住宅ローンを組む必要のない人は最適年齢は何歳か

に関係なく何歳でも良いということですね。

 

ただし、あまり若い時に建てると家にも寿命みたいな耐用年数があります

ので、当然ですが、修理とか建て替えに更に費用が掛ることを想定して

おく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ