高気密・高断熱

 

密室を空調で制御

 

 

「換気の良い住宅」とはどんな家でしょうか。

 

 

一言で言うと「家の中の空気と家の外の空気が適宜に入れ替わる家」

のことです。

 

 

高気密高断熱は、

 

 

  隙間が少ない———–高気密

 

  熱を逃さない———–高断熱

 

 

ということですから、極端な話、密閉ということです。

 

 

そこで、高気密高断熱の住宅には計画的な換気が必要となります。

 

 

換気システムのスイッチを常時入れておく事になります。

 

 

暖房器具(開放型石油ストーブやガスストーブなど)は使えません。

 

 

洗濯物を室内で干すのは室内結露の原因となる水蒸気を発生するため

出来ませんが、止むを得ず干す場合は換気扇のある部屋で干します。

 

 

その他、室内の空気の汚れに注意、窓からの日差しのコントロール、

などを管理しなければなりません。

 

 

家そのもの全部が一つの部屋と考えられていますので、全室が同じ温

度ということですから病弱者などの居る家庭にはふさわしいようです。

 

 

また別の考え方で、自然に棲む人間の生活は、ある程度自然の寒暖に

順応したほうが健康的とも言えます。

 

 

夏の暑さと冬の寒さを軽減した家づくりは、家族の個人個人で体感も

違うので全体を一定の基準で決めるのは難しい部分もあります。

 

 

高気密高断熱の住宅のメリット・デメリットを検討して、取り入れる

か否かを判断するのが良いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ