檜の家

 

 

ヒノキはいいですね

 

 

檜(ヒノキ)は、丈夫で加工しやすく、価格も比較的に

高価ではないので、大いに利用したほうがいいと思います。

 

 

ただ、最近では純和風の家が少ないので外材を使う場合が

多いのですが、柱など要所要所には檜を使いたいですね。

板目・柾目を場所で使い分ければ木肌の美しさと日本的な

感じを活かせます。

 

 

価格からどうしても節目有りになりますので、壁面などに

多用すると落ち着きのない少しウルサイ感じになります。

 

 

近頃は、強度と太さを考慮した他の材料で造られた集成材

が柱などに使われていますが、やはり、檜の無垢材とは比

較にならないと思います。

 

 

日本家屋は、その土地の乾湿に順応する木材を使用して建

てるのが良いのではないでしょうか。

 

 

全体の作業人件費と建築設備材料費の比率から、土台周り、

柱に檜を使っても、大幅なアップにはならない筈です。

 

 

木質部分を全部檜でなく部分活用で充分だと思います。

 

 

帰宅して玄関に立つとき、建てて少し古くなった家でも、

なんとなく、木の、檜の香りは漂います。

 

 

日本家屋の魅力の一つですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ