太陽光発電の家

 

 

有害重金属と電磁波

 

 

次のような問題が有るようなので、太陽光発電とはどういう

物なのかを詳しく調べるのが良いです。

 

 

 ■太陽光パネルは、ヒ素・カドミウム・鉛などの有害重金属、

  レアアースなどで作られている。

  (カドミウム入りは輸入もののみ、レアアースは放射性物質)

 

 

 ■発電量の約8割は設置企業、約2割を設置者が受け取る仕組

  みになっている。(設備費の負担割合で決まる。)

 

 

 ■全国各地域で国の補助金の金額が異なる。

 

 

 ■パネルの寿命は10~15年。

 

 

 ■屋根の形状、構造で設置不可。(球状屋根・凹凸の多い屋根

  ・断熱材の有無等)

 

 

 ■風害でパネルが破損すれば有害金属や放射能が飛散する。

 

 

 ■直流から交流へ変換するパワーコンディショナーから超低周

  波電磁波が発生する。

 

 

 ■パネルは古くなると廃棄されるが、2030年で推計最大70

  万トン、累計1,000万トンを超える有害重金属を含んだ

  500万枚の廃棄パネルが出ると言われている。

 

 

 

考えられる太陽光発電のメリットは、下記になります。

 

 

 ■光熱費を削減できる。

 

 

 ■売電できる。

 

 

 ■クリーンなエネルギー。

 

 

 ■補助金で設置費用が安くなる。

 

 

 ■災害時は発電した電力を使用できる。

 

 

以上ですが、製品の改良や安全性その他については良くなって

行くと思われますので極端に回避しなくてもよいのかも知れません。

 

 

放射能だけは嫌ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ