土間のある家 間取り

 

 

土間は欲しい

 

 

家づくりの間取りで、自分が一番残念に思っていることは

新築設計の時に土間を取り入れなかった事です。

 

 

予算的に余裕がなかったと言えば済むのですが、土間が有

れば、もっと便利に生活できたのではないかと思うのです。

 

 

土間は多目的に利用できるものです。

 

 

玄関を入ります。普通は目の前の板の間(廊下)から座敷、

あるいは階段を上がって二階の部屋という構造になってい

ます。

 

 

昔の農家などは土間がありました。そこに「ヘッツイ(竈)」

や「流し」場合によっては「風呂桶」、「下駄箱」、「自転車」など、

その空間を活用していました。

 

 

土間に沿って部屋があり、玄関からワンクッション置いて、

土間から部屋に上がれるような、「土間・板の間・畳の間」

の3つになっていました。

 

 

近所の人・友人との茶飲み話などは、部屋や玄関よりも土間

が適していたのではないでしょうか。

 

 

現代では、いつの間にか「土間」が不用になったのか、無く

なってしまいましたが、生活に便利な「土間」を間取りに

組み込むのも一つの考え方です。

 

 

奥行きのある土間が良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ